産婦人科を選択する|様々なサポートをしてくれる産婦人科とは

女医

胚盤胞移植とは

看護婦

初期胚移植との違い

体外受精で不妊治療を行なう場合、一般的には受精から2〜3日ほど培養して、ある程度分割が進んだ胚を子宮内に戻します。これを初期胚移植と呼び、大阪でも最も普通に行なわれている不妊治療のひとつです。しかし5〜6日まで培養を進め、もっと分割させてから子宮に戻す方法もあります。これが胚盤胞移植で、初期胚移植では効果がなかった場合に用いられます。胚盤胞移植は大阪のクリニックでも受けることができます。メリットは発育が進んだ段階で移植するため、状態の良い胚だけを選別でき、妊娠率が高くなることです。ただし胚盤胞に発育するまでに胚が死んでしまうことがあり、その場合には1回分の受精卵が無駄になるため注意が必要です。

妊娠率を向上させる

初期胚移植は必ずしも状態の良い胚だけを選べないので、少しでも妊娠の確率を上げるために、複数の胚を同時に移植することもあります。そのため双子や3つ子ができやすくなるという問題点がありました。胚盤胞移植なら、1個だけを移植しても十分な妊娠率を期待できます。なお初期胚移植を行なってから、良質の胚が生き残れば胚盤胞移植を追加する2段階移植も、大阪のクリニックでは行なわれています。不妊治療には人工授精・体外受精・顕微授精の段階があり、それぞれにも複数の方法があって、大阪では独自の技術を持った医療機関が多数存在します。あるクリニックで不妊治療が上手く行かないときは、別のクリニックに相談するのもひとつの方法です。